業種によって違う求人時期

求人が増える時期は

bing

在宅勤務の求人情報

HOME | SITEMAP

トップ » 業種によって違う求人時期

新着情報

求人の多い時期と少ない時期

求人数は時期によって変化をします。夏や冬の休暇時、またゴールデンウィークなど、人々がレジャーにでかけるタイミングで、サービス業の募集が増える傾向にあります。反対に、工場などは長期休暇に生産ラインを止めることがありますので、募集をストップすることがあります。それ以外にも、それぞれの業種で繁忙期があり、その期間の増員のための募集があります。これは業種によって時期が異なりますが、やはり夏期だけや、年末だけなど、季節に合わせた募集が良く見られます。まずは自分の目指す業種の繁忙期を調べてみましょう。求人数が多ければ、より採用のチャンスに恵まれるでしょう。

時期などを考えて転職する

転職をする際にも求人の多い時期があります。同じ転職活動をしても時期によって、採用されやすかったりすることもあり、これは運の問題です。では最も多い季節はいつでしょうか。例えば、ボーナス期になります。ボーナスをもらった後に会社を辞めてその後転職しようとするからです。一般的にボーナスが出る月といえば、一年でいうと7月と12月になります。しかし、転職活動は極秘にそれより前に開始しておかないといけません。すぐ仕事が決まる人もいれば、経済情勢によってはなかなか決まらない場合もあるからです。せめ2、3ヶ月の猶予は必要だといえるでしょう。求人が増えるのは、その頃です。